先日から問題となっている某キュレーションメディアについて簡単にレビューしたいと思います。

ここ数年のインターネットプラットフォームの多様化により、インターネット広告の世界は、非常に混沌とした状況と言えます。

例えば、数年前には、インフルエンサーと言われる著名人を使ったステマ(ステルスマーケティング)や、広告表記のないタイアップ記事広告などが問題になったこともありました。

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)とは?

消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ。

引用元:Wikipedia

 

昨今のインターネットメディアの急拡大により、個々人が表現の手段として、自分のコンテンツを簡単に世に出せる時代になったのは、メディアの自由化、民主化といった観点では、素晴らしいことです。

しかし、その反面、信頼性の極めて低い薄っぺらな記事を大量に流通させて、そのアクセスを広告収入に変えて、大きな利益を得るといったやり方が横行するのは非常に問題だと思います。

個人が情報発信できる時代になったことは良いことですが、そのコンテンツに価値がないとインターネットの大海原にごみを投げ入れているのと同じになってしまうからです。

個人が日記レベルで書くようなブログであれば、価値うんぬんは関係ないかもしれませんが…

そこにビジネスが紐づく場合においては、やはりそこにアクセスしてきた人が、本当によかったと思えるような(価値のある)情報でなければ意味がありません。

今回は、その中でもここ数年急激に増えているいわゆる「まとめサイト」キュレーションメディアに問題が起こりました。

そもそも、キュレーションメディアとは、インターネットの情報の渦の中から、自分の代わりに必要な情報をキュレーターといわれる人たちが、わかりやすくピックアップしてくれるというものです。

 「キュレーション」は美術館や博物館の「キュレーター」から  派生した言葉で、キュレーションメディアとは「特定の切り口でインターネット上にある情報を選定し、公開するメディア」のこと  です。

引用元:Ferret(webマーケティングに強くなるメディア)

ネットユーザー自身が本当に欲しい情報にたどり着けないといった問題を解消するために、キュレーターの存在が重宝されるようになりました。

今回の騒動は、大企業の論理のみで、資本力のある上場会社がキュレーションメディアを多数買収し、倫理感もなく、収益重視、ユーザーを無視した信頼性の極めて低い記事を量産し、著作権違反等で、サイト自体ほぼ閉鎖に追い込まれるといった事態にまで発展したのです。

キュレーター独自の視点ではなく、広告誘導目的に周到なコピペマニュアルを渡し、クラウドソーシングや、学生アルバイトなどの安価な労働力を活用して、アウトプットの出し方まで指示した上で、記事を大量に書かせていたようですね。

法的には逮捕者が出るまでには至りませんでしたが極めて犯罪に近い行為だと思います。

また、著作権や記事の信憑性もおおいに問題ですが、注目すべきもうひとつの問題としては、量産された信頼性の低い内容記事がGoogleに上位表示されたことです。

Googleのアルゴリズムが、大量の信頼性の薄い記事をきちんとインデックスし、上位表示させてしまったという事実はかなり怖いです。

Googleが定めたルールに忠実にのっとり、たくみなプロの技術を駆使した上で、広告の占める割合を少なくするために、記事を膨大な文字数でごまかしたり、専門性と独自性を打ち出すことで、内容が薄く、質の低いコンテンツでも上位にインデックスされてしまったのです。

SEOのプロを多数雇い、意図的な上位表示をさせる悪質極まりない行為です。

Googleは、質の低いコンテンツの検索順位を下げる、圏外に追いやるといったアルゴリズムの変更を施したにもかかわらず、それが機能していなかったということですね。

あなたは、この事件について、どう思われますか?

関連記事

カテゴリー一覧

2019年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

フォローする