人生80年を日数換算すると…意外に人生は短い

人生を80年として、何日あるかを数えてみました。

人生80年は29,200日

1年356日 x 80年 = 29,200日
※うるう年は1日多い366日で、そこは誤差として計算していませんが、4年に一回くるので、80年÷4=20日間は、おまけ日数として生きられる日がもう20日もらえると思えば、ラッキーとして考えましょう!

さて、29,200日って、意外に少ないような気がしませんか?

この日数を聞いても、ピンとこない人も多いでしょう。

それでは、もう少し細かくしてみましょう。

ライフステージ別に、日数を算出すると…

大人になるまでの日数 7,300日

0歳から成人するまでの日数は、356日 x 20年 = 7,300日

7,300日かけて、大人になるわけです。

社会人としての日数 16,425日

20歳で社会に出て、仕事に就くとして、65歳で引退する場合、365日 x 45年 =16,425日

このライフステージは、人生の中心にとなります。
自立し、社会との接点を持ち、生活の基盤を作り、結婚し、子供を育て、人生のピークと衰えを経験する等々。

引退してから、死ぬまでの日数 5,325日

引退してから、80歳で死ぬまで、365日 x 15年 = 5,325日

このステージは、今の時代は晩年をひっそり生きるより、新たな人生を楽しく生きるといった人も多いのではないでしょうか?

65歳からの15年間って、仕事を完全に辞めているとしたら、1日8時間、通勤時間の往復を入れて、10時間の拘束だとして、10時間 x 5日間 = 1週間50時間

1年間は48週なので、50時間 x 48週 = 2,400時間

1年2,400時間 x 15年 = 36,000時間

36,000時間 ÷ 24時間 =1,500日

要は、仕事をしてきた65歳までに比べ、仕事を辞めてからは、仕事をしない分、1,500日間、仕事以外で使えるということです。

もちろん、年をとることで、病気になったり、行動範囲がせばまったり、記憶力が衰えたりするので、若い時のようにアクティブに動けないかもしれません。

しかし、65歳から80歳までの生活するためのお金があり、健康でいられれば、現役時代の15年間と比較すると、会社に拘束される時間、1,500日分(約4年)、若い時と比べ、多く使えるという計算になります。

余談ですが、ちなみに今私は49歳と5ヵ月。

生まれてから、約17,581日目
運よく80歳まで生きられるとしたら、あと32年 x 365日 = 11,680日

今は、サラリーマンをしているので、65歳で引退するとしたら、あと16年 x 365日 = 5,840日となります。

その中で、会社に拘束されている時間として、1年2,400時間。
1年2,400時間 x 16年 = 38,400時間 ÷ 24時間=1,600日が仕事している日数。

実際は、残業、出張、会社の飲み会、取引先への接待やらがさらにプラスされてしまうので、会社・仕事がらみで費やす時間はもっと多くなってしまいます。

諸々まとめると、残りあと16年間をビジネスマンとして生きていく中で、自分が自由に使える時間は、5,840日 - 1,600日= 4,240日となります。

16年間で4,240日が自分としての自由時間。 しかし、この時間の中には、食事、トイレ、睡眠、家族サービス、妻の愚痴を聞く時間、怒られている時間などすべて含まれています(笑)。

まあ、自分の自由時間の定義は、人それぞれなので、「自由な時間に何をしたいのか?」といったことを定義しないと、ただの数字遊びで意味がありません。

例えば、読書、ゴルフ、旅行などの趣味につかれる時間とかだが…

ただし、サラリーマン、個人事業主問わず、仕事自体がその人のライフワークである場合は、自分の時間を犠牲にしていて、魂を売っている的な考えでは当然ありません。

だから、働いている時が一番、気持ちがよく生きがいを感じるのであれば、その時間をいかに充実させるかといった観点で人生、時間のよい使い方を見出せばよいと思うのです。

例えば、若い時に身につけておいたスキルをしっかりと磨きをかけ、その時代に合った形でバージョンアップし、引退後も使えるようにしておけば、老後も充実した人生が送れますよね!

あなたは、この記事をみて、どう感じますか?

 

 

関連記事

カテゴリー一覧

2019年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

フォローする